8年目の11月22日

1122青銅

8年目はブロンズかぁ。結婚8年目は青銅婚式。今年もポストにこの手書きのハガキが届きました。結婚式を挙げた牧師さんが毎年結婚記念日に送ってくださるハガキです。
———————————
「人生でいちばん大事なことは、愛をどうやって外に出すか、どうやって中に受け入れるか、その方法を学ぶことだよ。愛は唯一理性的な行為なんだ」(ミッチ・アルボム「モリー先生との火曜日」より) 愛を出しあい、受け入れあって。幸せな家庭にしていって下さい。神様の平安をお祈りします。

結婚記念日(青銅婚式・8年)おめでとうございます。  
2013年11月22日
———————————
ムツゴロウさんにちょっと似た、もうかなりのご高齢の牧師さん。あの方がこうして式を挙げた夫婦に一枚一枚色鉛筆で色を塗り、手書きの宛名を書き、投函してくださる。こうした手書きのハガキには、書く人が送る人を想う時間が凝縮されている。その凝縮された『時間』が郵便受けに届く。だから感動するんだな。たった一枚の紙切れが遠くから運ばれてくる。一瞬で飛んでくるメールとは、やっぱり違うんだな。(デジタルでもこの「想い」を送れないだろうか・・・)

結婚記念日を忘れないようにするために、語呂のいいこの日にしたのですが、世間的にも商業的にも「いい夫婦の日」と騒がれるようになってきました。こどもや自分たちの誕生日をお祝いするように、『夫婦』の誕生日でもある結婚記念日は大事にしたほうがエエですね。11月22日、今日は外食でもしましょうか。(一回目の結婚の時にはそういうことまで思う気持ちが足りなかったんだろうなぁ・・・と、しみじみ)

追伸:7年目は銅婚式でした。「銅」と「青銅」はどう違うの?と思って軽く調べたら、「青銅」は「銅」に「錫」を混ぜたものだそうです。「銅」より強いのかな、たぶん。錆びないようにしなくちゃね。

22才の先生

テックアカデミー

テックアカデミーという社会人のためのITスクールに行ってきました。「初めてのWordPress講座」19:00〜22:00の3時間を二日間。昨年WordPressでブログを始めて、もっとこれを活用したいと思い、本で勉強しようと立ち読みはしたのですが、分厚くてむずかしそう。ここは例の「自分への投資」ということで、スクールに申し込んでみました。

original-300x200

講師は慶応義塾大学環境情報学部在席の鶴田浩之さん。すでにLabit.incという会社のfounderで取締役。大学生向けのソーシャルアプリ「すごい時間割」など、各種Webサービス・スマートフォンアプリの企画・開発を手掛ける22才。

す ごいヤツはもう、就職活動なんかしないんじゃないだろうか・・・優秀な脳ミソは自分でどんどん起業する・・・となると、企業は優秀な学生が獲れない・・・ 深刻な人材不足・・・。そういう時代になるんじゃないか、と根拠なく想像してしまいました。くっそー、この時代に大学生だったら楽しかっただろうになぁ、 と思う反面、それはそれでタイヘンだろうし、俺たちの学生時代も今ほどの「便利」はなくてもその時代の「豊か」はあったゼ、とも言いたい。負け惜しみに聞 こえるかもしれないけど。天才的な学生の脳ミソにはついていけなくても、脳ミソの柔軟性だけは失わないようにするゼ、と22才の先生に教わりながら56才は思いました。

というわけで、いま「WordPress」を勉強し直しているので、「分厚い手帳」の仕様もしばらく試行錯誤しますが、よろしくお願いいたします。

西村さんを追いかけて

西村さんからの年賀状西村佳也さんからの年賀状より

初めて西村佳也さんの名前を見つけたのは、磯子図書館のコピー年鑑だった。コピーライターになりたくて勉強していた大学生の頃、図書館に一冊だけ1975年のコピー年鑑があった。そこでウールマークの広告を見て西村さんの名前を知った。「さくさくさく、ぱちん。」国際羊毛事務局の仕事だった。そのクレジットには「AD:中島祥文 C:西村佳也  制作:JWトンプソン」と書いてあった。だから、J.W.トンプソンの入社試験を受けた。

苦しい就職活動の末、見事トンプソンに就職が決まった。入社して間もなく、西村さんに早く会いたくて、先輩に訪ねた。
「コピーライターの西村佳也さんは何ルームにいらっしゃるんですか?」
するとその先輩は
「西村さんは、フリーだよ。トンプソンにはいないよ」
いない?え?フリーって何ですか?コピー年鑑のクレジットに名前があって、最後に会社名J.W.トンプソンとあったから、てっきりみんなトンプソンの人だと思っていた・・・。

結局トンプソンは1年ちょっとで退社することになる。転局試験を受けるべく準備(作戦A・作戦B)していたが、サン・アドのコピーライター募集に運良く受かったから。サン・アドの一員になれるということは、OBの方々とも近づいたことになる。西村佳也さんもサン・アドのOBだ。いつか会えるかもしれない。しかし、なかなか会えなかった。

電通に移籍して、30代後半の頃。代官山の今は亡き「MORGANS」というBARによく行くようになる。そこのママ、多映子さんにコピーライターの名刺を渡すと
「西村さんも時々いらっしゃるわよ」と。
「西村さんって、まさかあの西村佳也さんですか!」

ある夜、ついに西村佳也さんにお会いすることができた。

自己紹介すると、
「知ってるよ、仲畑のとこの中村禎だろ」
と笑いながら頭をはたかれた。うれしかった。サンアドのOBです、ということと、西村さんを追いかけてトンプソンに行ったのにいなかったじゃないですかという話を、やっと伝えることができた。

以来西村さんとは中目黒の「わかな」でもお会いすることもあったりして、仲良くさせていただいている。KDDIの仕事でグランプリを獲ったときもMORGANSで
「良かったなぁ。中村、良かったなぁ」
とニコニコしながら何回も頭をはたかれた。うれしかった。

その西村佳也さんが東京コピーライターズクラブのホール・オブ・フェーム、コピーライターの殿堂入りされた。授賞式で久しぶりにお会いできて、
「おぅ!」
と声をかけていただいて、これまたうれしかった。

違うふたりが、同じことを…

三浦さん三浦商店の三浦勝利さん

今年の8月、秋田に行った。昭和63年創業、横手市安田字馬場で秋田県の物産の卸販売をしている三浦商店の三浦勝利さんに会いに行った。三浦さんは秋田県特産品開発コンクールで奨励賞を受賞した「横手焼きそば」を開発した人。その三浦さんが新しい商品を開発しているという。
https://umaimon-p.nifty.com/project/summary/12
その取材での三浦さんのひと言をボクはメモした。

———————————————-
『いいものと、売れるものは、違うんよね』
———————————————-

秋田なまりのその言葉には、モノづくりをしてきた人の実感があった。

そして昨日…

国光さん国光宏尚@hkunimitsuさん

国光宏尚@hkunimitsuさんのTweet。国光さんは、株式会社gumiの代表で、モバイルゲームやソーシャルゲームの開発をしている人。一昨年に初めて参加した『ソーシャルメディアウィーク東京2012』のセミナーを聞いて、この人スゴイな、と思い、ツイッターでフォローしている人だ。

———————————————-
『良いモノを作れば売れるという幻想を日本人は捨て去らないといけない』

『売れる仕組み作りが重要』
———————————————-

違うふたりが、同じことを言っていた。

異論反論あるかもしれない。でも、ボクは、同じことをまったく別の場所の人が言っているということには何かある、と思う。これは『良くないものでも、売り方次第で売れる』ということではなく、いいものをつくるだけではダメで、売れる仕組み、売り方も同時に開発しなければダメだ、ということか。じゃあ、いいものとは何か…。

・・・なにがコピーだ

宣伝会議賞メッセージ(禎)

——————————
審査員ひとり
動かせずに
なにがコピーだ。

中村禎
——————————
宣伝会議賞に応募する人、コピーライターをめざす人への応援コメントや、なにかアドバイスになることを自筆で書いてくださいという依頼でした。ちょっとキツイかなとも思いましたが、中村組OBに伝えるつもりで書きました。「がんばってください」的なことよりも、「口惜しかったら書いてみな」的なことを言いたかった。これを見て「くそっ、ナカムラめ。覚えとけよ」と書きまくってくれることが狙いです。親分の仲畑さんが昔「クライアントひとり説得できないで、何万人の世の中を説得できるか」と言っていたことを思い出します。

でも、実は「代案」も書いて送ったんですよ。この「・・・なにがコピーだ」を書いて宣伝会議の担当者に送ったんですが、受け取りましたの返事が来ないんです。いつもはすぐ来るのに・・・。もしかして、「これはマズイんじゃない?」と問題になっているんじゃなかろうか、と勘ぐってしまいました。じゃあもう少しおとなしいのを送ろうと、書いて送ったら、「あれで大丈夫です」と返事が来たのでした。まあ、そうだよね。別にいいよね。

宣伝会議賞応援いちおういくつか書いて、乱暴すぎず、しかし勢いのある、かつ思いやりのある字を選んだつもりなんですがw

56年見てきた右手

10.3手56年見てきた右手

去年の10月3日誕生日からこのブログを始めて、丸1年。
毎日は書けなかったけど、なんとか1年続けることができました。
読んでくださる人がいる、と思うことで、くじけずに続けてこれました。
本当にありがとうございます。
ちょうど1年前の記念すべき第1話はこちらでした。
55分経過
そして、記念すべき1周年「56分経過」です。
—————————–
ボクはマラソンやらないんですが、『ランナーズハイ』ってのがあるっていいますよね。何十キロも走って疲れのピークなんだけど、そこを越えて、ふわっとラクになって軽くなって、もっとどんどん走れるようになる、というアレ。

フットサルやってても、やればやるほど疲れるんだけど、ある時間帯から急に楽しくなって元気が戻る瞬間がある。(それが全然無いときもあるけど)体は疲れているんだけど、ゴールが決まるとまた新たなパワーがみなぎってくる、あのカンジ。

年齢にもそれが、あるんじゃないかと思ったんです。『ネンレーズハイ』

ボクなんかより全然年上の先輩がメチャメチャ元気だったり、ステキだったりする。そういう『カッコイイ G3(ジーサン)』目指して生きて行きます。56才というともう、けっこうな歳なんだけど、年下からも年上からも学ぶべきことはすべて学ぼうと思っています。常に姿勢正しく、やや前傾姿勢で。2013年10月3日。56才になりました。

ピンクリボン授賞式

グランプリ_山中里紗さんグランプリ 山中里沙さんの作品

第9回ピンクリボンデザイン大賞の授賞式。今年で9年目かぁ。審査委員長眞木準さんの後を継いで、僭越ながらボクが審査委員長を務めさせていただいています。授賞式で今年のグランプリの人に盾を渡す役目です。渋谷ヒカリエのイベントホール、最前列に座って会場係の人から綿密な指示を受けます。ボクの隣りでグランプリ受賞者の大阪から来た19才の女子大学生が緊張しています。「大丈夫だよ、すぐそこじゃん。行って賞金もらって帰って来るだけだよ」とか「賞金どうするの? ヒカリエで全部使って帰ればいいじゃん」とか。受賞の挨拶どうしようと言うから「言葉に詰まってもいいんだよ、そのほうがホントにうれしそうに見えるから」と言ってみたり。バカ話をして緊張をほぐそうと彼女に話しかけました。効果があったかは定かではありませんが。

壇上でボクが彼女に盾と副賞を渡し、無事、ボクもとちらずに盾の文章を読み上げ、彼女の挨拶も拍手で終わり、彼女はホッとした表情でまた一番前の席に戻りました。しかし、審査委員長のボクはまだ壇上に残ってなくちゃいけません。「講評」とかしなくちゃいけないんです。ひととおり、講評し終わったとき、ふと最前列に座っているグランプリ受賞者の彼女と目が合いました。

「これは想像なんですが、この一見なんでもないような手描きのデザインも、作者は相当考え抜いたと思うんです。例えばこの手描きのピンク色で囲んだ線や勇気という文字。きっとこれもたくさん描いてみた中から選んだのではないでしょうか」

と口走ってしまい、さらに壇上から彼女に
「どうでした?」と話を振ってしまったのです。
すると彼女は

「100個以上描いた中から選びました」

と、うれしい答えを返してくれたのです。ボクは「ほらね」と言わんばかりに(ややフンぞり返りながら)解説を続けます。「たくさん描いた中から、一番勢いのあるもの、素直なもの、わざとらしくないもの、を選んでいくのです。パパパッとつくったように見えて、実はそこには綿密な計算がある。その目に見えない努力が伝えるパワーになっているんですね」と講評を締めくくりました。ほっ。

もし「一回しか描いていません」って言われたら、どうしてたんだろう・・・汗。